長野の元・急行型


鎌don屋
ねんがんの Bトレ169けい しんながのしょくを てにいれたぞ!

ちょっと高くついたけどな!やっぱり長野色のこの顔はステキですね

セットは何故か4両編成で実車に存在しないサハがあります、作ってませんけど


鎌don屋
115系の長野色も欲しいです、再販してくれないかなー(チラッ チラッ

広島色はとりあえず手に入ったんでまぁいいんですけど


鎌don屋
パト電ようやく製作再開、少しずつデカール貼り込んでいきます

クーラーが片方赤いのをデカール貼る直前まで気づいてなかったので塗りました


こないだ行ってきた津和野、大変なことになってますね…

テレビ見てたら太皷谷稲成神社の鳥居の下らへんの道路がゴッソリえぐれてて…

2週間ちょい前にそこ歩いてたよ俺、マジかよ

スーパーおきも益田打ち止めでSLやまぐち号は当面運休


町の一刻も早い復旧を祈っています

スポンサーサイト

ぶどう色の電車

鎌don屋
グリーンマックスの旧型国電キットのクモハ43とクハ47を組んでみました

いつもみたいに小難しい改造とか下準備とか一切無しのストレート組み

塗装もぶどう色2号+ねずみ色でばぁーっと吹いて終わり イッツシンプル


鎌don屋
手を加えたところはボディマウントのTNカプラーをペタッとくっつけたくらいかな

今は両方トレーラー車ですが動力化するつもりです、動力ユニットが手に入り次第


3扉車と半流のキットも買ってあるので作って繋げて走らせたいね

あとぶどう色だけじゃ寂しいので他の色にもしてみるつもり


明日は出掛けようと思ってたのに大雨ザーザー…家で引きこもります

最後のだいせん

鎌don屋
というわけでマイクロのエーデルシリーズ番外編 …これはエーデル鳥取じゃないのかって?

そうですエーデル鳥取です、キハ65 700/1700番台です


鎌don屋
ただし、急行だいせんとして運用されていた末期の姿を製品化したやつです

セット内容は展望車が1個無くなって代わりにキハ65 721が追加されてます


鎌don屋
スカートの色がグレーになったり貫通型の前面に「だいせん」のロゴが追加されたり

あと側面のサボが「米子⇔大阪」になってたりと細々と変わっていますね


展望車が減ってるのにエーデル鳥取から値段あがってるのが解せないのですが

出た時期が開いてるのでまぁそこは目を瞑りましょうか…中国の人件費云々あると思うし


もう出ないと思いますが、エーデル北近畿のだいせん仕様も製品化してもらえると喜びます

レインボーリゾートは…まぁいいや

最後のエーデル

鎌don屋
マイクロエースのエーデル北近畿タイプ やっとこさ入線しました、長かった…

エーデル鳥取と金型共用で窓周りが実車と異なるためタイプモデル扱いです


鎌don屋
カラーリングはエーデル鳥取の赤青反転Ver.

展望車の愛称表示機はシール式ではなく印刷済みになっています


エーデル鳥取同様、種車のままの走行機器で特急運用についていたこの車両

しかも連結器が交換されてないので他のエーデルと混用出来ないハンデつき

エーデル北近畿、ほくせつライナーを経て急行だいせんに充当され

だいせん廃止とともに役目を終え消えていきました(エーデル鳥取もだけど)


さて、これでマイクロの出したエーデル3種類が揃ったので記念に“アレ”も買いました

明日あたりカプラー交換して写真乗っけようと思います

瀬戸内の通勤型

鎌don屋
ちょっと前に買ってたグリーンマックスの103系瀬戸内色の塗装済みキット

低運転台の方です、完成品もあるけど基本的に作るの好きなのでキットを購入


まぁ塗装済みキットなのでパチパチと組んでいけばお手軽に完成!

…とはいかないのがグリーンマックスの塗装済みキットの特徴

窓ガラスがきちんとはまらないなんて日常茶飯事だし、塗装面を傷つけないように

穴空けしたりしないといけないので正直なところ未塗装キットの方がその辺は楽です


鎌don屋
編成番号やら方向幕やらは手付かずです、ライトユニットも仕込めるようになってるけど

床下や台車の集電やら何やらで話が複雑になるので今のところしない予定


ついでに言うといつもは即取り替えてるカプラーもアーノルドのまま放置です

いや、放置ではなくて元のアーノルドを外して手持ちのアーノルドに取り替えてます


なんでそんなことしなきゃいけないのかって?


鎌don屋
だって動力台車とトレーラー台車でカプラーポケットの長さが違うんだもの

いつものようにKATOカプラーに取り替えると連結部の間隔がまちまちに…

特にT+Tだと激狭くなってカーブで車体がスレスレになります

仕方ないのでマイクロのアーノルドカプラーも活用して調整しました


ボディマウントのTNカプラーに変えればいいじゃんって?動力車には付けれません!残念!

これ以上の解決策が思い浮かばないのでとりあえずこのままです


鎌don屋
Bトレのモ510+520の急行色、中古でポツンと1個だけあったので確保

スカーレットは今も大量に置いてありました まぁそれはいいとして…


鎌don屋
雲州平田駅行ってきました 噂どおり2100系の第3編成がお色直しして待機中

詳細は既に公式で発表されてますので割愛 これで一畑色の2100系は第4編成のみに

駅の反対側からもうちょっとだけ見れましたけど、それは運用に入った時のお楽しみで

再来の凸型DL

鎌don屋
引き続きBトレです、宮沢模型限定の165系なのはなタイプ

普通の165系の車体を流用しているのでタイプモデルです


これ、床下が4軸のHGフレームではなく昔の一体型なので床下の作りが少々古い

というわけで、余剰パーツからHGフレームの床下を拝借してます

台車と動力はKATOの急行電車1を使用、先頭部のみKATOカプラー密連です


鎌don屋
初期のデカ目と晩年のシールドビームが両方付属しているので

クロとクモロはそれぞれ作り分けました、どうせ3+3の6両固定編成なので

先頭に出ない方を内側に封じ込めてしまえば両方楽しめるというせこい仕様にしました


んで、動力とか諸々を調達しに行った時に衝動買いしてしまいました


鎌don屋
マイクロエース マニ30暖地型・2両セット


鎌don屋
日本銀行所有の現金輸送車、マニ30の暖地型です

運ぶモノがモノだけに運用は極秘だったとか…それ故に噂が噂を呼んで尾ひれがついて

扉に高圧電流が流れてて自爆装置が作動するとかとんでもない話まで囁かれてたとか


そんな謎めいた現金輸送車も2003年に運用を終了

現在は小樽の博物館にラストナンバーのマニ30 2012が保存されています


鎌don屋
この貫通扉のない独特の顔が素敵ですね 適当な客レや貨物に放り込むだけで

あっという間に怪しげな運用になる実においしいアイテム


・Bトレインショーティー DD51形ディーゼル機関車 北斗星色

あるぇー!?

プレミアムバンダイ限定品…10周年記念ブックのやつと同じものでしょうね

買いそびれた人向けの救済措置でしょうか、まぁ機会が増えるのはいいことです

うちも2両で3つの列車の兼務はちょっと厳しいのでありがたく買わせてもらいます


・コレクターズ事業部 2013年11月新製品グラビア

いよっしゃああああ教授きたああああ!

あと中村君が出れば俺の龍騎道も終わりが見える…


鎌don屋
テンション上がったついでにS.I.C.の教授とナイトにソフビ被せた中村君引っ張り出してみた

恐る恐る動かしてみたけどちゃんと関節生きてました、装着変身は買ってから即死んだよ

たまには昔の玩具も弄ってやらないと棚の中で自壊してるのもあるかもしれない

ドゥー!!

鎌don屋
雅編成も揃えました 旧カラーも欲しいけど今は見かけないね…


・Bトレインショーティー 名鉄7000系 フェニックス1次車  8月6日発売開始!

パノラマカーがリニューアルして販売


NHK VIDEO 小林賢太郎テレビ 4・5 [Blu-ray]

NHK DVD 小林賢太郎テレビ 4・5 [DVD]

小林賢太郎テレビの4と5がソフト化、5はかなり早かったですね

未公開っつーか追加収録のコントが楽しみです


昨日、Bトレの入ってた車両ケース開けたら蓋側に2、3両くっついてた…癒着きたわー

幸い塗装は持っていかれなかったんですけど、慌てて全部チェックしましたよ

ちなみにKATOケース+Bトレ用ウレタンの組み合わせのやつ

結局他のは何ともなかったのでやっぱりあの異臭ウレタンが原因なんかな

本家KATOの車両セットみたいにプチプチを挟んでおいたけど早めに取り替えたほうがいいな


あと日中で冷房つけないときは戸を開けておくことにします、熱も要因な気はする

スカイツリーのふもとで

鎌don屋
Bトレの東武鉄道100系スペーシア、ようやくN化できました


鎌don屋
あとは雅基調の編成だけ、ここまで来たら揃えておきたいところです


・グリーンマックス 新製品速報

車両のチョイスはまぁいつもどおりだけど、白い軌道モーターカー…見たことない

14系祭り

鎌don屋
増結2両セットが手に入ったので4両セットも買って揃えてみました、Bトレ20系客車


鎌don屋
バックサインはもちろん「出雲」 これシール1枚につき各種1つしか収録されてないので

2両セットもそろえないとバックサイン片方だけになっちゃうのよね、ちょっと不親切

ナハネフに動力入れたのでDD51先頭で走らせてます …DD54出ないかなー


鎌don屋
増える板キット ゆっくり作っていきます


・Bトレインショーティー 14系700番台 (ユーロライナー色) (2両セット)

・Bトレインショーティー DD51形 ディーゼル機関車  +EF64形 電気機関車 (ユーロライナー色) (2両セット)

・Bトレインショーティー 14系200番台 (リゾート&シュプール色) (2両セット)

・Bトレインショーティー 栄光の特急つばめ (6両セット)

・Bトレインショーティー 鹿島臨海鉄道 6000形 ガールズ&パンツァー ラッピング車 (IV号戦車付属) (2両セット)


あかん、全部欲しい!

何ですかねこの俺的にツボラインナップは…買うしかないじゃないか!

ユーロライナーはいつかTOMIXの買おうと思ってたけどもうこれで揃えちゃおうかな

いやまあ客車がユーロピアオンリーなので12系のユーロもお願いします

SLの走る町 Part.3


鎌don屋
津和野町に来たのもおよそ20年ぶりでしょうか、子供の時は大きく感じた津和野駅も

今ではそうでもないあたり自分も歳食ったなぁと思います


鎌don屋
駅前の駐車場にはD51が保存されています、ボロボロだったのを移設して修繕したやつだね


鎌don屋
屋根はありませんがしっかりお手入れされていて状態は良好でした


鎌don屋
とりあえず駅前の店で昼飯を食う 駅弁は車内で食ったけどやっぱり幕の内じゃ足りない…


鎌don屋
でっかい鯉も見てきましたよ、いや本当にでかいねこれは…


鎌don屋
太皷谷稲成神社にも行きました、登るだけで結構疲れた…

ちゃんと賽銭入れてお願い事はしてきました、内容は秘密~


鎌don屋
町内をブラブラ散策しながら、SLの発車時間が迫ってきたので駅へ戻る


鎌don屋
山口線全線開通90周年記念のヘッドマークつけたキハ47が来てました

この編成、朝方に新山口でスーパーおきの隣にいたけど写真撮る暇なかったのよね


鎌don屋
入場券買って駅構内へ 既に2番乗り場でスタンバイしています


鎌don屋
ガッカリ展望車ことオハ12 703 津和野発はコイツが最後尾になります

剥き出しの雨どいがなんとも言えないやっつけ改造、俺はこういうのも嫌いではないけど

でもこれが最後尾ってのはちょっと興醒めな気はしますね…


鎌don屋
まぁーそれにしてもすごい人でした、SLパワー恐るべし

おろち号もこのぐらいお客さん集められたらな…と思っちゃったのは内緒


鎌don屋
15時19分、快速SLやまぐち号津和野発新山口行きが発車します

轟音を立てて走り去っていきました


鎌don屋
SLが行ってしまうと火が消えたように静かになる津和野町内

酒屋のおっちゃん曰くいつもこんな感じなのだそうです、SL出発後は閉まる店もチラホラ…


鎌don屋
朝から動く気配のないゾンビタラコの40が哀愁を誘います


鎌don屋
帰りのスーパーおき発車まで1時間を切ったのでぼちぼち駅に戻ることに

駅前の商店で一気にお土産買い込んで津和野駅の中へ戻った数分後


鎌don屋
集中豪雨キター!!

もうちょっと帰るのが遅かったらこの雨の中をトボトボ歩く羽目に…危ない危ない

間一髪だぜフゥー!…と、安心したのはいいのですが

なんか駅に止まってる普通列車が発車時刻になっても出る気配がない


これはもしや…と思ってたら駅員さんから


「17時49分発の特急スーパーおき6号米子行きですが、大雨のため

 山口線内で徐行規制がかかっております。現在10分遅れで運転をしております」


やっぱり遅延来ました、俺の雨男スキルはこんな感じで間接的に影響するタイプです

とりあえずいつ来るかわかんないからホームで待ってて下さいとのことなのでひたすら待つ


鎌don屋
もう10分、さらに10分と遅れて結局36分遅れで帰りのスーパーおき6号到着

帰りは事前に指定席取ってたので自由席の争奪戦に参加しなくて済みました


鎌don屋
一人掛けの席だったのでノビノビと夕暮れ時の日本海を眺めながら帰路につきました

益田から山陰本線に入ると鬱憤を晴らすかのごとく高速走行で飛ばしますね

結局宍道には30分遅れで到着、木次線に乗り換えて帰りました


楽しい日帰り旅行でした、今度はC56の牽引の時に乗りに行きたいですね


鎌don屋
やまぐち号の車内販売限定のストラップ、それから号車札とサボのレプリカ

号車札は勢い余って全部買うところでしたがぐっと抑えて今回乗車した5号車のやつだけ

これだけで諭吉さんが1人消えたので旅行中の財布の紐ってユルユルねー


お土産はお菓子やらお酒やらキーホルダーやら買いましたが自分への土産はこれ


鎌don屋
Nゲージ ダイキャストスケールモデル

限定 C-57 1 やまぐち号

この男の子心をくすぐるパッケージ…!買わずにはいられませんでした


鎌don屋
まぁ、正体はトレーン社のC57をやまぐち号仕様にして特製ケース付けた物です

通常版より+1000円されてます、やまぐち号の沿線でしか買えない限定品ですよ限定品


鎌don屋
トレーン製品なので出来のほうはお察し下さいなところですが

そんなことはどうでもいいのです!こういうのでいいんですよこういうので!


さて、来月は東京旅行でサンライズですね

SLの走る町 Part.2

鎌don屋
のどかな沿線をSLやまぐち号が走り抜けていきます


鎌don屋
っていうか、やっぱりみんな展望デッキに集中しますね 少し経つと空き始めましたけど


鎌don屋
途中のわずかな停車時間を利用して撮影する人多数…俺もその1人でしたけど


鎌don屋
山間をぐんぐんと進みます



鎌don屋
途中の地福駅では15分の停車だったのでその間に撮影会が行われました
なんかどっかのテレビ局も取材に来てましたね、俺映ってるかも!どうでもいいですね


鎌don屋
そいや最近は集煙装置無しで走ることが多いんでしょうか?

自分は付けてる姿のほうが好き、というか馴染みがあるんですけどね


鎌don屋
にしても、スハフの幌ちょっと引っ張りすぎじゃないですかね…


鎌don屋
徳佐を出て終点が近づいてきました、展望デッキは風が気持ち良かったです


鎌don屋
津和野へ到着、2時間10分のSLの旅もこれで終わりです


鎌don屋
えらいくたびれたモーターカーがお出迎え


鎌don屋
次のPart.3は津和野散策と新山口行きのやまぐち号の見送り

そして、最後の最後で雨男スキルが発動した話で締めくくりたいと思います つづく

SLの走る町 Part.1


鎌don屋
7月13日、天気は曇り 旅の始まりはここ宍道駅からスタート


鎌don屋
まずはこの右側の列車、キハ187系 特急スーパーおき1号で新山口へ向かいます


鎌don屋
3連休の初日ということもあって増結3両編成でやってきました

どうせガラガラだろうと高をくくっていたら自由席ほぼ埋まってて焦りました

途中の出雲市で窓側が空いたのですかさず座りましたが…


益田から先なんて指定席が満員で自由席は途中で乗ってきたおばちゃんが通路に座る有様

連休効果恐るべしといったところですね、だが譲らない


鎌don屋
山陰本線区間での高速走行と駅通過後のディーゼルのドゥルンドゥルン音

そして、振り子が使えない山口線内でのノロノロ走行(それでも快速並みですが)を堪能しつつ

10時過ぎに新山口へ到着、およそ20年ぶりの山口県です


あちこちに変な改造車魅力的な車両がいっぱいいて撮り鉄したかったのですが

乗換えまで30分程度しかなかったのとやまぐち号目当ての人でごった返してたので…


鎌don屋
かろうじで収めれたのはこいつ、宇部線の123系電車と…


鎌don屋
転属後も福知山色のまま活躍してる117系くらいですね

あとキハ48とか115系のT編成とか色々いたけど今回はスルー


そうこうしているうちにアナウンスが流れたのでさっさと1番乗り場へ向かいました


鎌don屋
今回の一番のお目当て、快速SLやまぐち号 新山口発津和野行き

C57 1とも20年ぶりの再会です 御歳70歳ですがお元気そうでなにより


鎌don屋
そして、12系客車では現役最後のスハフ13であるスハフ13 701

新山口向きの開放デッキ付き展望車としてずっと走り続けています


鎌don屋
ちなみに、自分が席を取ったのは反対側のガッカリ展望車ことオハ12 703

内装は大正風となっております


鎌don屋
こんな感じで展望室が全部ガラス張りです、これはこれで悪くはないんですがただ…


鎌don屋
津和野→新山口の時はこれが最後尾になるんですよね…やっぱりちょっとなぁ

そうそう、客室からの冷房が扉でシャットアウトされるのでとても暑いです

窓の開かない非冷房車を体験するにはちょうどいいかもしれません


鎌don屋
予備電源車のスハフ12 36を眺めつつ列車は津和野へと向かいます


つづく

BATAN-Q

鎌don屋
行ってきました、いやー楽しかった 最高の日帰り旅行でした

旅日記は明日以降のところでまとめたいと思います 今は…眠る


あと、やっぱり俺は変なところで雨男ではないかとつくづく感じました

本家けいおう!

鎌don屋
動力ユニット買うついでにBトレの京王8000系も買ってみました

ちょうど中古で2両セット×2があったのでラッキーと思い…


鎌don屋
いつものようにNゲージ化してます、それはいいんだけど

2箱とも説明書とシールとマグネットカプラー入ってねぇ!

いやまあマグネットカプラーは要らんしシールもどうせ使わないからいいけど

説明書無いのは地味にきつかったっす、あれに書いてある編成表は結構参考にするのよ


皆さん中古には十分に気をつけましょう、アレが無かったりコレが無かったりしても泣かない


話を戻すと、なかなかカッコいい車両で気に入りました

1M3Tという運転士泣かせの編成ですが気にしない


明日はいよいよやまぐち号に乗りに行きます、というわけでおやすみ

西の真骨頂

・JR西日本、豪華内装の寝台気動車を新造-シニア富裕層取り込む

寝台列車新しく作るとは聞いてたけどまさかの気動車

まぁ山陰本線の非電化率を考えれば客レよりは取り回しが良いんでしょうか?


・ねんどろいど 久慈ありす

・ねんどろいど 鷹野みゆき

ねんどろいどで鉄道むすめが登場、初っ端は広電と三陸から

売れたらシリーズ展開していくんでしょうか?BATADENのが出たら買おうかな

 

でもBATADENの子、良くも悪くも立体栄えしないデザインだからねえ…

モダンっつーかなんつーか

 

 

サンライズの切符無事に取れました、イヤホー

ついでに13日の乗車券と特急券買えば良かったけど忘れてました、明日買います

行く川の流れは絶えずして…

鎌don屋

・キハ30、キハ37、キハ38の6両が水島臨海鉄道へ


いよいよ水臨のキハ20も置き換えの時が迫ってまいりました

と言っても営業運転は来年からですけど


キハ20、また乗りに行きたいね

あ゛ー つ゛ー い゛ー

帰って部屋の戸を開けたらムワァーン…冷房ないと溶けてしまうよ


ゆっくりとパトトレイン組み立て中



…ふと、北海道の車両が欲しくなってきたかもしれない

キハ400とかキハ56とか 多分気のせい

茶色い月曜日

梅雨が明けて絶好の模型日和だったので一気に進めてみました

鎌don屋
リトルジャパンモデルスのクモハ42(裾リベット1列タイプ)が出来ました

本山支線で最後まで活躍したクモハ42001のつもりで作ってます、なのでJR仕様です


鎌don屋
作ってとても気持ちのいいキットでした、よく考えてパーツ分割されています

今回は作りませんでしたがトレーラー車の床下とか懲りすぎだよ

正直合わせ目消す必要も無いんじゃないかな…デザイン的な要因が大きい気はするけど


実車も歳重ねるごとに外観が変化していったので引退前の晩年仕様にするとなると

細々と改造しなきゃいけないのですが普通にストレート組みです

手を入れたとこはパンタをPS16にしたのと無線アンテナ設置したぐらいですね


鎌don屋
カプラーはとりあえず台車マウント式のTN密連を胴受けに通してますけど

見栄えが悪いのでそのうちダミーカプラーに取り替えるつもりです


鎌don屋
この車両にはこういう風景が似合いますね 単行電車…ステキ

キットはもう1両分あるので前面警戒色のやつにでもしてみますか?


鶴見線のクモハ12とかも作ってみたいところ、確か雑誌付録のキットがあったはず


鎌don屋
KATOがオハ31系のバリエーションを10月に出すそうなので現行のやつを揃えてみた

オロ30は随分前に買ってましたけどね、残り3つをかき集めるようにして購入

オハ31の鉄道博物館仕様はもう再生産かかりそうにないので店頭にあってラッキーだったかも


鎌don屋
C56とかDE10に2、3両引かせるとなかなかいい絵になりますね


以上、妙に茶色い月曜日の日記でした

サンライズレイン

鎌don屋
やっと作りましたレイキャシールREDRIA 低身長で組んでみました

でも正直そこまで変化無いような…微々たる変化ですね


夜勤明けにサンライズ出雲を撮りにふらっと出雲市駅へ寄ってきました


鎌don屋
ホームに上がったらキハ47の姫路色2連が待機してました

しかも米子支社では少数派のシャッター式タイフォン装備車です


鎌don屋
反対側 この色もじきに見られなくなるので今のうちに収めておきましょうかね


鎌don屋
うっすら何かが見えています…何かが


鎌don屋
そんなこんなしてたらサンライズが入線してきました


鎌don屋
今日は西日本所属の0番台でした、クハネ285-1と2が入ったI1編成

お盆にお世話になる予定なのでよろしくお願いします …切符取れれば、だけど

ダブルでボンッ!

トミックスやKATOの新製品情報がどどっと出てきておりますが

ちょっと気になったのがこれ


・KATO 489系 白山色 (基本・5両セット)

・KATO 489系 白山色 (増結・4両セット)

KATOから白山色出るんですかー!

トミックスのはかなり前に出た上にリニューアルされてますけど

このタイミングってことは炊飯釜の白山色クハが!?


…って思ってたら両方ともボンネット先頭車みたいですね、チョイ残念

いやまあ白山つったらボンだろうJKとは思ってるクチではあるけどさぁ


買ったキットがほとんど手付かずのまま日々過ぎていきます

クモハ42の下回りだけ準備したくらい そろそろ組み立て始めますかね

互換性って大事

鎌don屋
グリーンマックスのクモヤ90西日本仕様再び 今回のはモーター付きのほうです


鎌don屋
基本的にトレーラー車と同じものです、車番もまったく同じクモヤ90103

違う点は動力の有無とライトが両方点灯するのと、カプラーの仕様くらいかね


…その、最後の「カプラーの仕様」ってのがこの商品最大の問題点でして


鎌don屋
メーカー曰く「1両で楽しめるように両方ダミーカプラーが付いています」だそうですよ

ヘイヘイヘーイ!

その、クモハ123みたいな単行電車ならともかくこれ牽引車なんですけど…

普通に考えれば何かと連結させて楽しむもんだと思うのですがこの商品それができません

アーノルド用のカプラーポケットはバッサリ切り落とされてるしTNカプラーは取り付け不可です


グリーンマックスは好きなメーカーですけど、こういうところは正直嫌いです


鎌don屋
あとキハ54でも気になったんだけど、カプラーポケットを切り落とした跡が

台車の外側じゃなく内側(床下機器側)に向いてるのは何故なんだろうねこれ…

バラ売りの動力ユニットと部品共用するなら外側向いてないとおかしいし

ダミーカプラー前提だったらそもそもカプラーポケット自体成型する必要ないし


ひょっとしてこれ、設計段階でミスしたまま製造しちゃった部品を使っちゃったりしてる?

真相は深い闇の中ですがまぁそれは置いといて…


このままだと単行で走らせることしか出来ないので、何とかカプラーポケット復活させるか

EF63の双頭カプラーが取り付けできないか考え中

基本は3両

鎌don屋
Bトレの113/115系湘南色 色々作れますがうちは115系の3連にしました

残ったパーツでサハも作ってますがまぁ使うことないかなーと…一応走行台車は履いてます


鎌don屋
欲を言えばタイフォンの位置を修正してほしかったかな…

この配置だと元デカ目をシールドビームにした改造初期車になっちゃうので


木次駅で13日に乗りに行くSLやまぐち号の指定席券を買ってきた

突然行けなくなったときのために乗車券その他は当日買う予定


鎌don屋
おろち号がいつもの位置にいないので変だなと思ったら検修庫に頭突っ込んでました

また故障でもしたんでしょうか…それともただの検査か


鎌don屋
あと、浜田鉄道部からまた助っ人がやってきていました、どれかが全検で抜けた模様

鋼製車の単色化が着々と迫ってきています 怖いわー

妖怪の町、再訪

懐に余裕があるときこそ乗り鉄するべきではなかろうか!


ということでふらっと出かけてきました、行き先は境港です そこ、またかよとか言うな


鎌don屋
木次線はいつもどおりだったので省略、今日はいつも乗らない時間帯だったぐらいですね

ということで木次への回送に向けて連結作業しとらいました


乗る列車待ってたら先に益田行きのスーパーまつかぜが到着


鎌don屋
先頭車はキハ187-501…あれ?501!?

珍しく西鳥取常駐でスーパーいなばの運用に入ってる500番台が増結されていました

しかも益田行きの運用…車両が足りてないんですかね?その割りにやくもは4両ばっかりだけど


鎌don屋
自分が乗る普通列車はいつものキハ47ではなくキハ126が入ってました

まぁこの区間は快速だろうが普通だろうが停車駅変わらないんですけどね

相変わらず気動車らしからぬ軽快な足取りで米子を目指します


鎌don屋
当分出番無いだろうけどラッセルヘッド付けたままのDE15を横目にホームへ降りる


さて、ここから境線へ乗り換えるわけですが…


鎌don屋
仕事して下さいよ!!

なんで俺が行くときはいっつも昼寝してんのおめーら…


鎌don屋
目玉おやじも奥のほうでスヤスヤ ってことは今日の運用に入ってるのは…


鎌don屋
…ですよねー!

というわけでタラコが入ってました、せっかく鬼太郎列車増やしたのに何やねんこれは


鎌don屋
しかも相方はねずみ男 前に行った時と同じでちょっとガッカリしつつ乗る


鎌don屋
境港は飯食ってから前回行ってなかった水木しげる記念館を訪ねてみました

なかなか面白い展示でしたよ、ここは撮影OKだったのでパシャリ


鎌don屋
妖怪ワールドを堪能して再び境港駅へ


鎌don屋
帰りは猫娘と鬼太郎のコンビでした、やっとこさ猫娘に乗れました

これでとりあえずキハ40は全部制覇、ねずみ男だけ3回も乗ってるけどな!


鎌don屋
まーしかし、この内装は他3両とは違うものを感じてしまいますね…


鎌don屋
トイレのラッピングが一部剥げてました


米子に戻ってから次の列車まで駅周辺をブラブラ


鎌don屋
DD51 1179


鎌don屋
DE10 1159がやってきました、構内で入れ替え作業でもするのかな


ホームに戻って帰りの列車を待ってると鳥取行きキハ47の4連がやってきました


鎌don屋
先頭がかなり残念です!広島みたいにクリアテールじゃないだけまだマシ


鎌don屋
最後尾はもっと残念でした!


鎌don屋
残念だけど、ここ西日本なのよね!新手のブロックノイズですか


とかなんとかやってたらさっきのDE10が何か引き連れてやってきました これはもしや…


鎌don屋
ヨ太郎さん!ヨ太郎さんじゃないか!


鎌don屋
バラスト積んだホキとヨ8000、間近で見ると大変よろしゅうございました

ちなみに所属表記は米ヨナのままでした 全検入ったときに書き直されなかった模様


最後になかなか良いもの見れたので満足です、また今度来るぜよ

けいおう!!

鎌don屋
鉄コレの一畑2100系第1編成、京王復刻カラー いつものように動力化済み

2100系がオープンパッケージで発売されるのはこれが初めてですね

同時発売の富士急1000系は買ってませんので悪しからず


鎌don屋
細かいとこまで印刷できっちり再現されとります、素晴らしい…ダミーカプラーは電連付き

ヘッドライトがクリアパーツになってる点も見逃せませんね!


鎌don屋
前にグリーンマックスのキットで作った自前のやつと…うん、やっぱり製品版はすげーや

まぁ自分のは特急仕様なので使い分けすればいい話だけど、クーラー塗り足そうかな


全体的にはいい仕上がりなんですが1点だけ、気になったというか残念なことが


鎌don屋
丸で囲ってあるところ…赤帯の段差になってる部分が簡単にペリッと剥げます

印刷処理がうまくいってないのかボディの付け外し程度のちょっとしたことですぐにペリッと…

段差周辺だけで他の部分は別に問題ないんですけどね うちは自前で塗り直しました


ちょっとこれは品質的にどーなんだろう?とは思いますね

木次線のエース 再臨

アスファルトの上で盛大に転んでいろんなとこ擦り剥きました、痛い…

打撲とか骨折しなかっただけまだいいか


鎌don屋
延期に告ぐ延期に加えて、一時的に「夏予定」にされてしまって

やっぱりこの車種は呪われてるんじゃなかろうかと危惧していましたが

先日無事に発売されたので引き取ってきました、TOMIX キハ120(木次線)


前回品と同じくステンレス製の0番台と普通鋼製の200番台でセットが組まれています

ちなみに今回はM車が入れ替わってたりする、まぁ床下変えるだけだし


鎌don屋
前回が登場時だったのに対して今回は現行の仕様で製品化されています

大きな違いは貫通扉の幌枠が黒くなったことと、そして…


鎌don屋
トイレ設置で一部窓が埋められていることですかね

0番台はガラスパーツに塗装したのをはめ込んであるだけですが


鎌don屋
200番台は完全に埋まってるので車体ごと成型されています


鎌don屋
下回りは相変わらず、集電が旧式なのもトレーラーが重過ぎるのも変わりなし

車輪も最近流行の黒染めではなく普通の銀車輪です

TNカプラーだけはバネ復元式に変更されていますけど…


トレーラーが重たい&転がり悪いので原則1M1Tで走行させましょう

それ以上だと空転します、ラッシュ用編成組むならM車は2つ以上で


まーしかし、よくぞリニューアルの第1弾に選んでくれました

あと三江線色と芸備線色と福塩線色、なにとぞお願いします