謎のコンセプト

鎌don屋
すっかり後回しにしてました、フレームアームズの輝鎚・甲(かぐつち・こう)

いつもどおりフレームバラして肉付けかと思ったらいきなり上下逆になって吹いた

あと図体に対してかわいいあんよなので不安になるけどちゃんと立てます、ハイ

リアスカートのバーニアに繋がってるわざとらしいケーブルがステキ


今日は仕事が波乱のスタートでいつもより疲れたわ…んじゃ寝ます

スポンサーサイト

汎用型客車

鎌don屋
追加で12系買ってきて5両編成にしました、余ったスハフはまた何かに使えるでしょう

デザイン的にも(実車の)性能的にも牽引機を選ばないのが12系客車のいいところなので

その辺でヒマしていたEF71を連れてきました、うんいい感じ 赤いカマはいいね


動力ユニットがまた足りなくなってきたので調達しに行かねば…

走るホテルと走る座席


鎌don屋
Bトレが2種類入線、先日出た増結用の金帯24系25形と随分前に出た高崎の12系


鎌don屋
全体的に色味が変わったのとJRマークの追加、前のセット版との違いはそのぐらいかな


鎌don屋
出雲の編成がちょっと長くなりました、このために買ったのさ

真ん中のオハネフに動力ユニット入れて補助させてます


鎌don屋
玉突きで昔のオハネフが休車になったけどこいつはブースター用に動力入れる予定

DD51が出てから本気出すってところ、なので今はオヤスミ


鎌don屋
JR東日本の高崎車両センターに所属する原色&原型の貴重な12系

もうこれと西日本の編成しか残ってないですからね

前面窓が小型化された100番台を製品化、赤い反射板は取り外し不可です


とりあえず2セット買ったけどやっぱり5両で編成組みたいから追加するかも

スハフ12が1つ余剰にはなるけどまぁ使い道はあるでっしゃろ

このジレンマいかんともしがたい

仕事してるときは「帰ったらあれしようこれしよう」って考えてても

いざ帰ったら何もする気が沸いてこないので結局そのままダラダラして寝る


無理しても良いことないとはいえ、少しばかり寂しく感じるのも事実


そんな時はやっぱりさっさと寝るに限るね

カタログでこんなやつよく見る

部屋の大掃除ついでに模様替え、おまけにレイアウト変更しました


鎌don屋
スペースが半分以下になったのでレールも半分以下に…何この超ローカル線

まぁ出戻った当初はこんな感じだったからいいか

外周用に新調したパワーユニットは早速休職になってしまいましたが


俺は気分のムラの差異がとても激しい人なのでこういう極端なことよくするんですよ

「なんかめんどくさくなった」で携帯電話を1年以上持たなかったりな!

頻度はそれほどでもない分、一度バッサリ変えると当分そのままになるという


グリーンマックスがエコノミーキット大量に再生産するってさ!

でも115系は初期車も量産車も入ってないってさ!オラァ!!

冬の心強い味方

鎌don屋
いいかげん撮らないとね、ナンバープレートその他を付けて入線させました

TOMIXのDE15形除雪兼用ディーゼル機関車 今は絶版品です


鎌don屋
製品は複線用ラッセルヘッドを立体化してます、実は複線用は見たことない

後藤総合車両所の所属機は全部単線用だからね、まぁ複線区間なんて数えるほどしか…


ラッセル車の「ラッセル」は変則和製英語なんですね

除雪用車両を製造していたメーカー「ラッセル社」の名前がそのまま浸透して現在に至って

ラッセル車=除雪車両になってるとかなんとか、日本限定で


鎌don屋

実車はメインの連結器以外にも3点の密着連結リンクで繋がれますが模型では省略

Nゲージにそこまで精度求めてはおらんよ、んなことしたらカーブ曲がれんし

ラッセルヘッド側のカプラーが床と一体化したアーノルドなので本体側もアーノルドのまま


ラッセルヘッドの車輪の転がりが異様に悪いです、走行中こするような音立ててる


鎌don屋
ラッセルヘッド付けないときは貨車やBトレの客車を引いてもらいますか

でもMカプラーだから自然解放しやすいのよね

なんたら民族の大移動

鎌don屋
車両ケースが増えてきたので上2段がガラガラになってる本棚と中身入れ替えました


鎌don屋
本棚の方はこんな感じ、5年以上読んでないコミックス(AI止ま)がズラリですよ奥さん

本当は押入れの中の単品車両入れてる棚を本棚にする予定なのでここからまた移動します

いっぺんにやると部屋が大変なことになるから順番に…

グリーングリーンガラパゴス

鎌don屋
ちょっと世間の流行に乗ってみた、ネギダヨー …くじ?そんなもん置いてありゃせんがな

置いてあっても引かないけどさ しかしミク1色のファミマはちょいと不気味ですね

東海道・山陽のエース

鎌don屋
相変わらずフレームに入れるのが難しいな、フル編成セットは


鎌don屋
スリッパだのオオサンショウウオだの言われてるけど俺は好きですよN700


鎌don屋
まぁ駅でこれと700系ばっかりなのは少々味気無いかなぁーとは思いますけどね

500系マジで絶滅寸前、あの乗り心地じゃ仕方ないけど


鎌don屋
微笑みのプルマージュ これで劇中で流れた曲は全部揃ったな

早速フルセットのサントラ作ろうと思ったけど微妙に入れる位置があやふやなので保留

ちくしょう地元で上映されるまでお預けダァー!


鎌don屋
新刊出てたの全然知らなかった 脅威のクロスオーバーは過去何度もやってますよね…

それよりまさかのヒューイット再登場に驚いた セリフだけ な!

ガチのロリコンっていうキャラ設定のおかげで今の世情じゃ迂闊に出せない悲劇のイケメン

パタリロ本編で今後出ることがあるのだろうか…

お土産の話≠土産話

旅行の最中の戦利品を貼っていくぜ


鎌don屋
Bトレインショーティー 新幹線N700系 16両フル編成セット

今回一番の掘り出し物、ボークスの京都ホビースクエアに置いてあったよ

最初見たとき固まったわ、どこ行ってもないんだもん(ネットにすら) ありがとう京都ボークス!


鎌don屋
あとTOMIXのDE15とKATOのクハ115 1100

下のは今も買えるけどね…持ってなかったのでついでに購入



では順番に開けていくよー


鎌don屋
と見せかけて別のモノを貼る これは帰ってきてから買いました、Bトレの近鉄8000系

やっぱり一度乗ると模型が欲しくなるね、でもフルサイズのやつに手を出すほどじゃ…

なんて時にはやっぱりBトレ買ってしまうわな いい商品を出してくれたねバンダイさんは



鎌don屋
近鉄の通勤型はだいたいこんな顔してましたね、同じ顔でも車種が違うみたいだけど

撮った写真見たら8000系は大和西大寺~橿原神宮前で乗ったやつみたいです



鎌don屋
…と思ったら、これは8600系らしいね うーん、わからん!


大手私鉄は守備範囲外だから形式とかワケワカメなのだ、ごめんなさい

奈良旅行記

ってことで一泊二日で奈良のほうへ行ってきました


鎌don屋
一番のお目当ては東大寺と大仏、父親が一度も見たことないというので

自分と母親はそれぞれ学生時代に修学旅行で見てたんですけどね

といっても昔すぎて双方記憶の彼方だけど


鎌don屋
しっかしまぁ建物含めてデカいね、木造かつ江戸時代の建築物とは思えません

建物のほうは平安時代以前はもっとデカかったっていうんだから想像もできないわ


鎌don屋
1日目はそんな感じで見て回ってから吉野にある旅館へGO

途中のロープウェイが結構揺れて怖かったです、帰りは送迎してもらいました


ご存知のとおり翌日14日は集中豪雨でえらいことになってたので

奈良から京都へ帰れずに右往左往してました、結局近鉄で帰りましたが

去年の長野といいよく雨で足止め食うなぁ


鎌don屋
2日目の京都は梅小路機関車館へ行ってきました

旅館にいる時は土砂降りだったんで諦めてたけどね、雨上がってよかった

大迫力でしたよ、動態保存のC56 160にも会えたし


鎌don屋
まぁ個人的に一番懐かしかったのはこの休憩室になってるオハフ50だったりするんですが


鎌don屋
あとボークスのホビークスエアに寄って終了、新幹線で帰路へ

ちょっとバタバタしたけど楽しい旅行でした



鎌don屋
ミクダヨー

ぐったり

鎌don屋
ただいま戻りました、でも疲れ切ってるので旅行記は明日以降で…

下準備

明日から奈良の方へ行ってくるので部屋の掃除と散髪で1日費やしました


鎌don屋
散髪したついでに松江温泉駅寄ったらちょうど出るとこだったのでパシャリ

実物見たらいい感じにクリーム色だったので一安心 でもクーラーの色間違えてた件


ま、いっか 今日は早めに寝るばい

インフラ整備

鎌don屋
外周用のパワーユニット新調しました 4kの安いやつだけど

ツマミがクリック式で扱いづらいのがちょっと気になるけど、前のみたいに

フライホール積んだ車両がいきなりかっ飛ばすようなことはなくなったので

個人的にはオッケイです、ポイントも入れる気ないしこれで十分


鎌don屋

ネットでTOMIXのさよならいそかぜセットがほぼ定価で転がってたので確保


鎌don屋
さよならセットといえばフル編成でボリュームもお値段もドーン!ってイメージですが

これは晩年の最短3両の編成を再現してるのでとってもコンパクト&リーズナブル


鎌don屋
キハ181 通常版との違いはヘッドマーク固定でJRマークと車番が印刷済みなぐらい

あと中のシートの色も前後の先頭車でそれぞれ変えられてたりします


鎌don屋
セットの目玉、キハ180-10 改造で車掌室が追加されたボディを新規で作成してあります

動力は昔ながらのウォームギヤ式、ロングセラーな故か一向にリニューアルされないね

せめてキハ181のテールライトに光が漏れるのだけでも何とかならないかしら…


キハ181系は今月KATOが初期型出すので「くにびき」か「まつかぜ」の編成用に欲しいとこ

でも単品売りはモーターないのよね、Assyで買ってもいいけど結構高くつくしなぁアレ


おとなしくセット買えって?キロとキサシの使い道がないのさ…うちでは

ミクジャナイヨー

鎌don屋
Bトレの新幹線E5系導入、最近妙にBトレづいてます


鎌don屋
先頭部の独特のラインはデフォルメされてる分ちょいと薄めだけど特徴は捉えてますね

どこぞの大人気ボーカロイドと配色が似てますけど愛称は「はやぶさ」です ハツネジャナイヨー


鎌don屋
車体の裾がかなり長いので台車レリーフがモロ干渉します、ほとんど曲がりません


鎌don屋
おまけに横からはほとんど見えないのでミニカーブレールを走らせる時はレリーフ外しましょう

まぁ説明書にも付けるなって書いてあるけどね、一応うちのレイアウトではそのまま走れます


400系とかE2とかWIN350とか欲しいのいっぱいあるけど

バンダイさんはなかなか出してくれないねぇ…3つ目はどうあがいても無理ですかそうですか

七夜の願い星

鎌don屋
地元の祭り行ってました、相変らず盛況ねぇ カキ氷と肉うめー

ロコさんとかライブに来てたらしいけど姿を見ぬまま帰宅、明日朝から仕事やねん


昼間は暇だったので劇場版ストライクウィッチーズ見に行ってきた

本編は1期も2期も見てないけど面白かったですよ、スクリーンで見るアニメは良いねぇ


では疲れたのでおやすみなさい あと4日出れば盆休みじゃー

もし もし 紡げるなら

鎌don屋
Amazonで一瞬在庫切れで焦った結果、楽天ブックスで難なく確保

俺のアンテナが低いのも悪いけど、発売日前日に告知は遅いよ公式ページ!



鎌don屋
Bトレのカシオペアようやく入線


鎌don屋
Aセットの展望カシオペアスイートを備える上野方のスロネフE26

超人気で予約がなかなか取れないのは有名な話


鎌don屋
ラウンジルーム付き電源車で札幌方に位置するカハフE26、編成唯一の普通車

個人的にはスロネフよりコイツの顔の方が好きだったり

なんか昔の特撮に出てくるスーツ着てる系の宇宙人っぽくていいよね


鎌don屋
この屋根上にピョコンと出てる排気筒その他がBトレサイズだと更にラブリー


これが検査や故障で使えないときはピンチヒッターとしてカヤ27が連結されるのですが

残念ながら今回のセットには含まれませんでした、シールに車番だけあるんだけど…


カヤ連結時のカシオペアはとても残念な感じなので

カハフはスロネフ以上に大切な存在かもしれません、わりとマジで

鉄オタ的にはカヤ連結時のほうが珍しいかもしれんけどね


マシとスロネ連中は同じような形なので置いといて…


鎌don屋
Aセットに付属する専用塗装のEF-510電気機関車


鎌don屋
Bセットに付属する北斗星塗装のEF-510電気機関車、動力ユニットは共用してます


鎌don屋
あと初回限定でそれぞれEF81が入ってます、Aセットがカシオペア色でBセットが北斗星色


これで通常版にカヤ27付けて出してきたら笑っておこう

検査明け出場 Part.2

鎌don屋
少し前に作ったこれ、塗装失敗して半ばやっつけで仕上げたんだけど

正直なところもっとちゃんと作ればよかったなと手に取りつつ思う、思う、思う…



そうだ、魔改造しよう



鎌don屋
こうして彼は、私達の前に帰ってきた 変わり果てた姿となって…


鎌don屋
…いや 見方によっては、あまり変わってないとも言える


変更点は塗装のやり直しと無線アンテナの追加とカプラーをダミーに取り換えたぐらい

スカートはクモヤ143のパーツを流用、なんとなくそれっぽくなったのでよし



鎌don屋
ニセエコー(仮)と一緒に 斜めストライプの塗り分けは今回の方がうまく出来ました


鎌don屋
そして今日も彼らは走り抜けていくのであった 完

真っ白な羽は希望-あす-を探して 幾つもの過去-よる-を越えていく

鎌don屋
シングル買ったのなんて何年ぶりじゃろうか、昔すぎて思い出せません


で、NEWフルボッコソングのSacred Forceなんですけど

とてもいい曲なんです、いい曲なんですが…やっぱりBrave Phoenix

色々と飛び抜けすぎてて コレばっかりはどうしようもない気がします

比べてどうこうって話でもないけどね、両方とも素晴らしい!ってことで


小林賢太郎テレビ 3 [DVD]

小林賢太郎テレビ 3 [Blu-ray]

本当に久しぶりの新作キタワー!即予約 まぁTV放送版は円盤が割れるぐらい見たけどな!

9月にはNHKのBSプレミアムで4とパリ公演の放送もあるし今年はいい年になりそう


…で、KKPのロールシャッハとうるうはいつになるんですかね?

運賃は53万です

鎌don屋
マイクロエースの485系「彩(いろどり)」やっと届いたー!何気に楽しみにしてたのよね


鎌don屋
長野支社に所属する485系電車改造のジョイフルトレイン「彩(いろどり)」

北海道用に改造されて投入されたはいいものの耐寒装備が不十分でトラブル続出だった

485系1500番台の先頭車と本州向け耐寒改造車の1000番台の中間車を

ミックスしてジョイフルトレイン用の改造を施した特別編成です


長野の車両によく見られるパステルカラーをこれでもかとふんだんに使用

(そのわりに「ふじいろ」と「ときいろ」がダブってるのは何故なんだろうか…)

内装はピンクを基調としたどう見てもラブホテル温かみのあるセッティング


などなど話題に事欠かない車両なのですがやはり一番の特徴は


鎌don屋
この良くも悪くも一度見たら忘れられない前面デザインでしょう

カラーリングも相まって鉄道ファンからは「フリーザ様」の愛称で呼ばれてるのは有名な話


なおヘッドマークの部分にはガラス越しに市販の40型液晶テレビをそのままぶち込んで

DVD(CD)からデータを読み込んで表示させるという離れ業をやってのけています

確かに従来の幕表示よりは融通が利いて扱いやすいしLEDだけの表示より見やすいので

ぶっ飛んではいるものの、まさにコロンブスの卵的な発想かなと

停車中には幕回しならぬDVDのメニュー画面が表示されるなかなかシュールな光景も


模型のほうは内側のライトケースにシールを貼って再現しています

点灯させると本当にテレビがはめ込んであるように光るので満足度かなり高いです


しかし、今回はシールそのものにトラップ…というか悪ふざけが仕込んでありました


鎌don屋
2段目は何なんだ お茶吹いたわもう



鎌don屋
テールライト点灯時はこんな感じ こっち見んな


鎌don屋
反対側の先頭車も同様です だからこっち見んな


鎌don屋
…とまぁ散々ネタにはしましたが出来そのものは非常に素晴らしいです

前述のヘッドマークの雰囲気に加えて印刷や塗装も綺麗に仕上がっています


鎌don屋
やたら複雑なパンタ周りもしっかりと作りこんであっていい感じ


鎌don屋
マイクロの新製品を予約して買うことなんて初めてだったのでちょっと不安でしたけど

とてもイイモノだったのでニヤニヤしております やっぱ長野の車両はいいなぁ


その分値段もドンでしたけどね、マイナー税含めて

通販で割引きされてこの価格ってんだから高騰化どんだけやねーんと

けいおう!

思ったより早めに完成しました


鎌don屋
一畑電車2100系の京王電鉄リバイバルカラー、先日28日にお披露目運転されました

まだ自分は直接見てはいないのですが鮮明な動画や写真を他所で色々と見れたので

思い切って作業進めました、勢いって大事ね



鎌don屋
とりあえずアップで見るのは禁止です、前面の車番がどえらい位置に変更されたので

今回一番苦労しました、デカールの余白をギリギリまで詰めてなんとか貼り付け

行き先表示はお披露目運転時の特急で「出雲大社前」にしてます


鎌don屋
2111側はちゃんとヒゲを生やしてありますよ

やっぱりアップにするとよれよれでみっともないね…だが私は謝らない


側面サボはお披露目運転時には使ってなかったようなので貼ってません(手抜き)


鎌don屋
そして今回頭を捻ったトレーラー側の台車

前回は鉄コレの床下がそのまま余ってたので流用できましたが今回は不可

GM推奨のDT24は代用品なのでそもそも形が違う


さてどうする? なんのことはない


鎌don屋
Bトレの純正トレーラー台車に鉄コレの動力ユニット用レリーフを貼り付けて

そのまま金属車輪をはめ込みました、そのままだとたまに落下するので余りパーツで補強


難点は転がり抵抗が最悪(というか転がらない)のと連結面の間隔が激狭になることですね


鎌don屋
ご覧のとおりなので幌枠パーツは片側にしかつけてません、カーブでモロ干渉するので

転がり抵抗はまぁ2両編成で1M1Tなのでそんなに影響はないと思う


鎌don屋
前に作ったのと 今見ると結構アラが目立つというか手探り状態で作ってたなぁと


鎌don屋
事前に知ってたら一畑カラーのは第2編成(2102+2112)にしてたと思う

まぁいいや、3メートル離れれば分かんないっしょ!って偉い人も言ってますので


鎌don屋
最後はリバイバルカラー同士で 一畑の車両も気が付けば結構な数になりました

3000系と2100系はあと1編成揃えれば実車どおりになっちゃうし